「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」本格着工-東京急行電鉄株式会社・株式会社東急レクリエーション-

東京急行電鉄株式会社(以下、「東急電鉄」)および株式会社東急レクリエーション(以下、「東急レクリエーション」)は、新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした敷地にて推進している歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)(以下、「本計画」)の新築工事に、8月から本格着工する。また宿泊施設の運営者として、株式会社東急ホテルズ(以下、「東急ホテルズ」)の出店が決定。

本計画は、世界有数の都市観光拠点である新宿歌舞伎町エリアに、映画館・劇場・ライブホールなどのエンターテインメント施設、ホテルなどからなる地上48階・地下5階・塔屋1階、約225mの高層複合施設(以下、「本施設」)を整備するものです。映画館は東急レクリエーションが、劇場、ライブホールなどのエンターテインメント施設は東急レクリエーション・株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント・東急電鉄の3社が出資する株式会社TSTエンタテイメントが、運営を行う。
東急ホテルズが運営する宿泊施設は、地上100メートルを超えるルーフトップや、さらに高層階にはアートや音楽といった街の文化を織り込んだ客室などを整備し、世界のエンターテイナーから、新しい都市体験を期待するグローバルツーリストまで幅広くお迎えします。映画館・劇場・ライブホールなどのエンターテインメント機能とホテルが連動し、日本のナイトタイムエコノミーの活性化に貢献していく。
建築設計は、建物外装デザイナーとして永山祐子氏招き、久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体とともに進めていく。また、ファサード・照明デザインなどを永山祐子氏と進め、東京・新宿・歌舞伎町のシンボルとなるような都市景観の形成に貢献していく予定だ。
また、上記施設整備と合わせて本計画では、まちづくりへの貢献として、リムジンバスの乗降場整備や、西武新宿駅前通りのリニューアルなどを実施するとともに、隣接するシネシティ広場を中心とした公共空間と本施設が一体となったエリアマネジメントを「歌舞伎町タウン・マネージメント」と連携して実施し、まちの回遊とにぎわいを創出していく方針だ。新たなランドマークの出現により街が進化していくのを楽しみにしたい。

image①

image②

image③

Leave a comment

Your email address will not be published.


*