オフィスに圧倒的な集中力とリラックスを生み出す“ハイレゾ自然音” の威力〜音響空間デザインシステム「R-LIVE」ワイヤレスモデル- 株式会社R-LIVE-

従来オフィスにおいて”音”を導入することは難しいと思われてきたが、近年”ハイレゾ自然音”への注目が高まっている。CD音源と比較して約555倍のきめ細やかさで再現が可能なハイレゾ技術により収録した日本の森や川などの自然音源を専用オーディオシステムで再生することで、森の中さながらの臨場感と心地良さを再現できるシステム「R-LIVE(アールライブ)」。「働き方改革」を推進する大手企業や先進的ベンチャー企業等において”ハイレゾ自然音”が続々と導入されており、集中力向上やリラックスに繋がると好評。

■R-LIVEとは
R-LIVEは、CD音源と比較して約555倍のきめ細やかさでの再現が可能なハイレゾ技術により収録した日本の森や川などの自然音源を専用オーディオシステムで再生することにより、森の中さながらの臨場感と心地良さを再現できるシステム。R-LIVEホームページ http://www.r-live.co.jp/
<R-LIVEの特徴>
1)脳にポジティブな影響を与える“聞こえない”超高周波
R-LIVEにより発生する超高周波を含む音は、人間の脳の最深部(基幹脳)を活性化させる働きがあるということが証明されている。脳の最深部(基幹脳)が活性化すると、脳の「情動神経系」「報酬系」の働きや、「自律神経系」「内分泌系」「免疫系」などの働きを強くすると言われている。(参考文献:大橋 力著『ハイパーソニック・エフェクト』)

2)季節と時の移ろいを感じられる自然音
R-LIVEはその自然界の時の移ろいを春夏秋冬×朝昼夜の12音源で再現することにより、現代社会においてバランスが崩れがちな人のサーカディアンリズムを取り戻すことができると考えている(特許出願中)。

3)自然音のために開発された独自のハイレゾ音響システム
R-LIVEで使用するスピーカーは、ハイレゾ自然音のためだけに開発された独自の無指向性スピーカー。自然の中にいるかのような臨場感がある。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*